LaLaの家はお子様とたくさんコミュニケーションが取れる間取りを考えます

045-836-1417資料請求 お問い合わせ

LaLaの家のこだわり

  1. ホーム
  2. > LaLaの家のこだわり
  3. > お子様とコミュニケーションが沢山取れる間取り

自然と家族の会話があふれ出す。それがコミュニケーションが沢山取れる家

お子さんの考える力を伸ばすのは家族とのコミュニケーション

「ただいまー」と玄関をあけると、家族の団らんを感じる事ができるリビング。
2階に学校の荷物を置き、すぐに宿題を持ってきてリビングの大きな机で宿題をやりはじめます。
ママの夕食の準備は軽いBGM。
少しぐらいの生活音は集中の妨げになりません。私たちが建てるのはこんな家。
家族のコミュニケーションが自然に増えるような間取りを考え、ご提案をいたします。

家じゅうどこでも勉強できる適温な家

家じゅうどこでも勉強できる適温な家

家族の楽しそうな会話は心地よいBGM。 私たちがこだわる家づくりはまさに家族の絆なのです。 自然と会話が増えるとよりコミュニケーションは深まるもの そしてお互いがお互いを配慮する事や気づかいもご家庭で学べます。 LaLaの家ではそんな家族のありかたを家づくり通じてお手伝い。

大きな本棚で家族の本を共有してみましょう

大きな本棚で家族の本を共有してみましょう

お父さんの本、お母さんの本、お子さんの本を1つの本棚に置いてしまいましょう。 お父さんがどんな本が好きだったか、お母さん の本の趣味はどんなものなのか、お子さんは 成長とともに感じ取ります。 お子さんの昔好きだった本もずっと置いておけば、お子さんがどんな興味を持って育ってきたのかが ひと目でわかります。 そんな我が子の成長記録もコミュニケーションにつながります。

ホワイトボードで遊ぶ

描くコミュニケーションが大切!ホワイトボードの壁

書く(描く)楽しさって絶対ありますよね。普段何も書かないでいると、いざ書こうとするとつい「上手に書こう」「キレイに書こう」と思い込んでしまいます。 このように日常生活に自由に書いたり描いたり できるスペースがあれば子どもたちの表現しようと する力は伸びていくに違いありません。

家族のコミュニケーションが増える導線づくり

家族のコミュニケーションが増える導線づくり

お母さんが夕食の準備をしていると、お子さんが 「ただいま!」と元気よく帰ってくる。キッチンの前を通り、2階にある自室に荷物を起きに。 宿題を2階の吹き抜けにあるスタディスペースは、1階にいるお母さんの気配を感じて集中して勉強できます。 LaLaの家はこのように暮らしの中でコミュニケーションが増えるような導線づくりを行います。

子供部屋は小さくて大丈夫?

お子様とのコミュニケーションをとるために大切なのは、部屋にこもらせないこと。だからこそ、LaLaではあえて狭めの子供部屋をご提案しています。 子供部屋を小さくする事でできたスペースは、ご家族で集まれる共用部分にしたり、収納にしたりする事で家族が集まる空間づくりができます。

秘密基地のような小屋裏空間

秘密基地のような小屋裏空間

LaLaの家は耐震性に強くしっかりした造り。夏は凉しく冬は暖かい快適な家です。 一般的な家はイラストのような作り方なので、小屋裏空間を取る事はできません。 この小屋裏部屋は広めに取る事もできるので、収納だけではなく、オーディオルーム のようなお父さんの趣味の部屋にも使う事ができます。

LaLaの家づくりに対する考え方が載っています

頭のよい子が育つ家のつくり方

頭のよい子が育つ家のつくり方
松本 祐著 / 現代書林
家族の絆がよい子を育てる。
いい家が欲しい方必見です。
資料請求はこちら 詳しいお問い合わせはこちら
資料請求
お問い合わせ
モデルハウス宿泊体験